歯肉の健康:原因と作用機序

767986587

歯周病の原因を認識する1,2

なぜ口腔清掃不良が歯周病の主な原因なのかに重点を置いて、その状態の背後にある原因と作用機序を詳しく見てみましょう1,2

歯周病の原因はプラークです1–4

  • 歯周病は、歯肉縁でペリクル(歯の表面を覆う被膜)上にプラークが溜まることによって引き起こされます1,3
  • このようなプラーク中の歯周病菌から放出されるエンドトキシンや細菌等の影響で、歯肉に歯肉炎と呼ばれる炎症を引き起こします1,2,4
  • プラークが取り除かれないと、この炎症反応が時間の経過と共に慢性歯周炎になり、進行性の組織破壊が引き起こされます1,2

歯肉炎と歯周炎の進行

歯肉炎は、歯肉縁付近のプラークが歯肉の炎症を引き起こした時に、健康な歯肉に発生する可逆的な状態です。治療せずに放置すると、慢性的な歯肉の炎症が進行して慢性歯周炎になり、歯周組織の不可逆的な破壊を引き起こします。全ての歯肉炎が進行するわけではありませんが、成人のほぼ半数にその可能性があります2

健康な歯肉

歯周病の徴候が全くない、健康な歯肉。以下のような特徴があります:

  • 薄いピンク色を呈し、引き締まった歯肉
  • スティップリングがある
  • 歯にしっかり付着
  • ナイフエッジ状の歯肉縁
  • ブラッシングやプロービング時に出血傾向がない

歯肉炎

プラークによる歯肉の可逆的な炎症2。以下のような特徴があります:

  • 歯肉の色の変化
  • 辺縁歯肉が腫れ、歯間乳頭の先が丸みをおびる
  • プロービングやブラッシング時の出血
  • 歯肉溝のプロービング深さは3 mmを越えない
  • 付着歯肉に変化なし

慢性歯周炎

慢性的な炎症によって引き起こされる、歯周組織の不可逆的な破壊2。以下のような特徴があります:

  • 歯肉に炎症が認められる
  • プロービングやブラッシング時の出血
  • 接合上皮の破壊と付着歯肉の喪失(歯周ポケット形成と歯肉退縮)
  • 歯槽骨の喪失
  • 歯の動揺や移動

その他の歯周疾患

  • 歯肉増殖(過形成) 2

    炎症、プラーク、歯石、繰り返される摩擦や外傷、または、服薬数の増加により誘発される歯肉肥大。

  • 歯周膿瘍 2

    歯周ポケットによく見られる急性感染症。膿瘍は、急性または慢性であり、自然に排膿していれば無症状である場合もある。

  • 壊死性潰瘍性歯肉炎と壊死性潰瘍性歯周炎 2

    壊死性潰瘍性歯肉炎
    潰瘍表面にみられる灰白色の壊死組織を伴う歯間乳頭の有痛性潰瘍。これにより乳頭を喪失することがある。喫煙者や口腔清掃が不良な患者でよく見られる。ストレスも素因の一つと考えられる。

    壊死性潰瘍性歯周炎
    付着歯肉の喪失も認められる場合に、壊死性潰瘍性歯周炎と診断される。

  • 侵襲性歯周炎 2

    慢性歯周炎に比べ、急速に付着歯肉を喪失する。患者1000人当たり1人の発症頻度で、通常35歳未満で、医学的に健康ではあるが、近親者に罹患患者がいることが多い。

  • 歯内病変関連歯周炎 2

    これらの病変は、単独の場合、もしくは合併している場合もあり、歯肉、あるいは根尖のいずれかに由来する。

歯周疾患の現在の分類システム

1999年に歯周疾患の分類に関する国際的ワークショップ(International Workshop for Classification of Periodontal Conditions)で開発された現在の歯周疾患分類システムは、8つのカテゴリーに分類されます2。新たな分類のワークショップが2017年後半に開催され、この会での合意内容は2018年に発表されることになっています2

現在の歯周疾患分類における主な疾患カテゴリー
1 歯肉疾患
2 慢性歯周炎
3 侵襲性歯周炎
4 全身症状の徴候としての歯周炎
5 壊死性歯周疾患
6 歯周組織の膿瘍
7 歯内病変関連歯周炎
8 発生学的または後天的形態異常と状態

表は2016年英国歯周病学会からの抜粋

歯周疾患のリスク因子は2つのカテゴリーに分けることができます2

修正可能なリスク因子

局所的

  • プラークと歯石2,5
  • 部分床義歯の装着2
  • オープンコンタクト、オーバーハング、形態不良の修復物などの不完全な歯の状態2,5
  • 歯の位置異常、分岐部、根面溝やエナメル真珠などの解剖学的因子2,5

全身的

  • 口腔清掃不良2
  • 喫煙と刻み煙草2
  • ストレス2
  • 栄養不良2
  • (コントロール不良の)糖尿病2
  • 口腔乾燥症を引き起こす薬剤の服用2

口腔清掃不良など、修正可能なリスク因子に重点的に取り組むことで、歯肉の健康管理と治療結果を改善することができます

修正不可能なリスク因子

  • 家族歴と遺伝的要因2,5
  • 例えば、思春期、妊娠や更年期の間の一部のホルモン変動6
  • 免疫不全の基礎疾患2,5

イギリス歯周病学会の医療者の適正歯周病学指針(The Good Practitioner's Guide to Periodontology)で、歯周疾患のリスク因子について続きをご覧ください。

歯肉の健康を維持する上での患者さんの障害

歯ブラシが届きにくい部位

  • 以下のような、歯の清掃が困難な部位にプラークが溜まりやすくなる5,7:
    • 歯の位置異常5
    • 充填物・補綴物辺縁部のオーバーハング5
    • 形態不良の充填物・補綴物5
    • 一部の種類の義歯5
  • 歯石の形成によりプラークが蓄積する原因となる場合がある5

患者さんは症状を見落とし、専門家のアドバイスを無視します

歯肉炎の初期症状が見落とされるのには、以下のよう理由が考えられます:

  • 歯肉の健康の重要性に気付いていない(歯肉からの出血は『正常』だと信じている)
  • 歯肉より歯の方が大切だと信じている
  • 歯周疾患で引き起こされる可能性がある将来的な問題より、今の見た目の問題に関心がある
  • 自分の歯肉の健康を積極的に管理するというより、歯肉の問題は歯科医が対処してくれると思っている

患者さんが歯肉の健康を維持するためのお手伝いします

患者さんの生活の質への影響

歯周病の患者さんの日常生活への影響についてご覧ください。

続きを読む

診断

歯周疾患の診断について見てみましょう。

続きを読む

管理

歯周疾患の管理について見てみましょう。

続きを読む

歯肉の健康

歯周病について詳しくご覧ください。

続きを読む

カムテクト

カムテクトがどのように患者さんの役に立つのかご覧ください。

続きを読む